ひろ歯科ブログ 妊娠中は虫歯になりやすい? 神戸市西区の歯医者 ひろ歯科クリニック

神戸市 西区【ひろ歯科クリニック】自分が受けたい歯科治療を患者さまへ
お問い合わせ番号:078-976-4618
お問い合わせ・診療予約はこちら
神戸 ひろ歯科クリニック 携帯サイト
トップページ
始めての方へ
治療案内
医院紹介
スタッフ紹介
患者さまの声
アクセス
チームメンバー募集
患者さまとスタッフのWinWinReportお知らせブログ
■ 所在地
〒651-2111
兵庫県神戸市西区池上2-39-10
TEL : 078-976-4618
FAX : 078-976-0418
※専用駐車場10台完備
拡大地図・地図の印刷はこちら
■ 診療時間
  9:30~
13:00
14:30~
19:30
- -
最終受付は、診療終了時間の30分前となります。
△・・・13:00~15:00
※ 休診日 : 日曜・祝日

ひろ歯科ブログ 妊娠中は虫歯になりやすい?


妊娠中は虫歯になりやすい?
2016/12/09
こんばんは
ひろ歯科クリニック 溝口 です。

当院にも、妊婦健診にて多くの方が来院されます。

よく質問されることに、
「妊娠中は虫歯になりやすい?」ということがあります。

妊娠中は、赤ちゃんの分もカルシウムがたくさん必要ですが、
そのせいで虫歯になるかどうかは、医学的に証明されていません。

しかし、食事の量が増えたり、体温が上がることで、
妊婦の口の中は普段よりも虫歯になりやすい状態なのは確かです。

ではこれから、妊娠と「虫歯になりやすい環境」との関係を、一緒にみていきましょう。

①お口の中がネバっこくなる
 妊娠中は、唾液の酸性が強くなり、口の中のネバリ気が強くなります。
 普段よりも歯垢がたまりやすい状態ですので、
 歯磨きは妊娠する前よりも時間をかけてする必要があります。
 甘いものや、歯にくっつきやすいものを食べたあとは、 
 なるべくすぐに歯を磨いたほうがいいでしょう。
 口をゆすぐときも回数を多めにして、水ではなくぬるま湯を使うとよりきれいになります。

②妊娠したかなと思ったら歯の検診を
 お母さんの体には、妊娠することによる負担だけでなく、 
 妊娠中にもほかの問題が起きることもあります。
 たとえば、親知らずが突然痛みだすことも…。
 最近、奥歯のあたりがムズムズするとか、歯に痛みがあるなどの症状があれば、
 なるべく妊娠前に歯の検診を受けておいたほうがいいでしょう。

③ホルモンバランスも歯に厳しい?
 妊娠中に特に歯が痛くなったり、歯茎がはれやすくなる理由は、
 ホルモンバランスの変化が影響しているとも言われています。
 歯の痛みは「もうちょっと休んでほしい」「もうちょっと栄養がほしい」というサインです。
 痛みだしたら歯のケアと同時に全身も労わってあげましょう。

④歯肉マッサージを習慣に
 歯を磨くとき、歯ブラシを使って歯茎をマッサージすると、
 歯茎の血行がよくなり歯周病の予防になります。
 でも、あまり強く行うと歯茎が傷ついてしまうので、
 清潔にした指でマッサージする方法もあります。
 口内へ指を入れることに抵抗がある人は、頬の外から指先で歯茎のあたりを
 ポンポンとリズムよくタッピングしてもいいでしょう。
 これならテレビを見ているときにも出来て、習慣にしやすいですよ。

⑤妊婦の多くが歯周病にかかっている
 虫歯はないはずなのに、 なんとなく歯が痛いような気がする人は、
 歯周病や知覚過敏になっているかもしれません。
 ある調査によると、妊婦のおよそ7割が
 なんらかの歯周病にかかっているという結果が出ています。
 間食・ストレス・睡眠不足などの生活習慣によって、
 妊娠前から歯周病だった人は、妊娠後にひどくなることも考えられます。
 自分もそうだと思ったら、歯磨きのケアを真剣に取り組んでみましょう。
 もし症状がひどいようなら、歯科で診察を受けることをおすすめします。


「きちんとケアして健康的な妊婦生活を!」
ここまでで、妊娠と歯の健康について、少しでもお分かりいただけたかと思います。
妊娠中は、体もだるく、何をするのも億劫になってしまうと思いますが、
歯磨きは歯茎までできるだけ丁寧に行いましょう。


「売れ続ける」ホームページを作る【株式会社 改築工房】大阪市天王寺区 WEB制作会社
~2013年5月までのブログはこちら